stage Y's 一級建築士事務所 home  profile  concept  works  contact  what's new  link  stage's
YUKI TAKEZAWA ARCHITECT & ASSOCIATES
               
  ■ stage 69 (#115) - 未 来 を 紡 ぐ 改 修 - (K邸)  − 建 築 日 記 −  
       
4/20/2016  お 引 渡 し



・メインで使用していた勝手口を 家人がメインで使うに
 相応しい きちんとした裏玄関にしました。
 明るく 広く 素敵になりました。
 

・お客さま用を兼ねてのトイレは 開けっ放しにしていても
 そこがトイレとは気づかないような お洒落な空間に
 仕上げました。


・扉を閉めるとこんな感じです。
 上部にハメ殺しガラスを入れることによって、天井に
 広がりを感じさせると同時に 明るさも広がります。



   ・もともとは 炉を切っているお茶室だった部屋ですが、
 クローゼットとしてしか使っていなかったので、
 もっと使いやすい クローゼットに変身です。


・障子は そのまま残しました。
 障子を閉めると 適度なやさしい明るさがあり、
 ちょっとした 癒しの空間です。
 天井高が高いのを利用して、上部は物置にしました。
 

・棚のぐるりに パイプを取りつけて、梯子を1個作って
 もらいました。 梯子に引っ掛け金具が付いているので、
 どこからも上がることができます。

  4/09/2016

・メインイベントだった玄関のステンドグラスが入りました。
 
 ステンドグラス作家の尾崎さんのデザインです。

 K邸妻の生き方をヒアリングをしての、

 意味あるデザインです。
 
 建築に携わる者、そしてガラスのデザイナー、

 そこには ただの改修ではない、

 小さなきっかけをも 与えるかもしれない

 大きな意味を持つことがあるんだね。

  4/07/2016



・玄関ホールから2階へ続く階段も、壁だけ 左官仕上げを
 します。
 プラネットジャパンの フェザーフィールを塗ります。
 体にいい天然素材です。


・廊下は 紙下地のコバウが貼られています。
 これを貼っておくと、ヒビが入りません。



・クローゼットは 棚を取り付けるための 木下地施工中。
  3/31/2016



・クローゼットのプラスターボードが貼れました。
 上部は 打ちっ放しが いい味を出しているので 
 このままにします。


・トイレもプラスターボードを貼り終え、地袋も出来上が
 っています。
 引き込み戸の 戸袋を制作中です。



・廊下は ちょうどプラスターボードを貼っているところです。
 こちらも 地袋が 取り付けられています。


   
3/24/2016




・玄関建具の枠にガラスが入りました。
 
 この透明ガラスの内側に ステンドグラスが 入ります。




・トイレの入り口木建枠が取り付けられました。
 
 木工事が終わると 塗装工事に入ります。
    3/17/2016


・古い玄関は撤去され、新しく木枠が取り付けられました。
 
 玄関の建具をタモ材で制作するので、枠ももちろん
 
 タモです。

 天井の下地材が 貼り終っています。



・奥の部分は トイレになります。

 新しく窓になる部分は、コンクリートを斫って 開口されて
 
 います。
 
 ここもすでに 天井下地ができあがっています。
      3/11/2016

・あれ? 床はブラックチェリーのはずなのに、桧が
 張ってある・・・。 とっても綺麗だけど間違えてる???
 『安心してください、 これは下地板です。』
 安心しました。 でも このまま 床板にしてもいいほど、
 綺麗な桧で 隠れてしまうのが もったいないくらい
 でした。


・綺麗な桧の下地板が 玄関ホールまで続きます。
 

何年もこの家を守ってくれた この玄関ドアとも お別れ
 です。
 大きなどっしりとしたドアと、とても素敵なステンドガラス
 が 入ります。
  3/7/2016



・いよいよ 部屋の形に、柱を建てます。
 この柱より 向う側がトイレ、こちら側が クローゼットに
 なります。

 本日は 便器の位置の確認。

 天井が高いので、トイレの空いた空間も、クローゼット側
 から 使えるようにします。
 ほんの少しの空間でも 有効利用です。



・躯体が頑丈なので、どんな形にでもできます。
 天井に 今は使っていない 配管がありましたが、
 撤去して 天井 すっきりです。
 




     3/2/2016



・玄関ホール、土台を据えます。


・裏玄関から廊下、玄関ホールも 改修します。
 


和室だった部分の一部は トイレになります。


  2/25/2016


・和室はこの窓のみ 明り取り用に残します。

・今日は 廊下部分を集中的に取り壊しです。
 和室はもともとお茶室だったので、 廊下に水屋が
 ありました。
 水屋部分も すっきり 取り壊されました。
 この部分は 地袋と広めの廊下になります。


床板は RC直貼りだったので、コンクリートを斫って
 います。



    2/24/2016


・和室がすべて 取り壊されました。
 
 もともとがRC造3階建てなので、和室の天井をとると、
 
 階高が 高い。
 
 和室としては使われてなく、衣裳部屋みたいになって
 
 いた、畳の部屋を 本格的なクローゼットに変身させます。

 このままの箱を利用すると かなり充実したクローゼットに
 
 なると思います。

 そして、裏玄関からの出入りが多いので、主たる裏玄関

 らしくします。

 そばには トイレも用意します。

 ご自宅と病院との行き来が かなり便利になるはずです。


  2/18/2016  着 工

・去年の5月頃から 打ち合わせをしていましたが、
 いよいよ 着工しました。
 今は、この病院、息子さんご夫婦が後を継がれていま
 すが、 実は私が若い頃から 今は亡き大先生ご夫婦
 にとても可愛がっていただいたのです。
 大先生が持たれていた愛馬の調教も させていただきま
 した。
 息子さんばかり3人いらして、私は娘のように、お食事も
 この家のキッチンでご馳走になったものでした。
 代を引き続いて、今、住宅部分の改修に携わらせて
 いただいていることに 不思議なご縁を感じずにはいら
 れません。

・この病院を建築した元、F工務店にいらした ベテランの
 現場監督さん?です。 綿密な打ち合わせ中。


・使われていなかった和室は、畳がはずされました。
     12/24/2015  ステンドグラス打ち合わせ


・歴史のある玄関ドアですが、玄関ホール周りも改修する
 ので、ドアも やりかえることになりました。
 ドアの両サイドにステンドガラスを入れます。
 本日 ステンドグラス作家 尾崎雅子さんを交えての 
 デザイン 打ち合わせです。
 

・応接室に入ると、ロウソクを灯して クリスマスの装い!
 しばし クリスマスの雰囲気に癒されながら、
 打ち合わせ後の おやつタイムです♪


stage Y's(ステージワイズ) 一級建築士事務所
岡山県岡山市北区舟橋町2-24
tel: 086-803-5125 fax: 086-803-5126


住宅の新築、リフォームの 企画・設計・監理は 岡山の設計事務所 ステージワイズ、女流建築家におまかせください。
ペットと暮らす家づくり / 愛犬と暮らしていて困っていることはありませんか? 愛犬家住宅コーディネーターがご相談にのります。
トップページ I プロフィール I コンセプト I 施工事例 I お問い合わせ I 新着情報 I リンク

下足箱