stage Y's 一級建築士事務所 home  profile  concept  works  contact  what's new  link  stage's
YUKI TAKEZAWA ARCHITECT & ASSOCIATES
これから 家を建てる人のための 基 礎 講 座
 OPEN OFFICE  目 次
 Q&A よくあるご質問  わが家の地盤は大丈夫?
 家づくりの流れ  ガスと電気 どっちが得?
  プ ラ ン 作 成  快適な住まいのための10ヵ条

09 内装制限

火気を使用する部屋  シックハウス症候群対策 の内装制限についての説明です


火気を使用する部屋の内装制限


火災が発生した時の延焼を防ぐため、建築物の用途、構造、規模に応じて、一定範囲に燃えにくい内装材を使用しなくてはなりません。内装制限は、防火地域・準防火地域(07 防火地域・準防火地域参照)に関わらず、全ての地域で制限されます。

住宅では、火気を使用する部屋(キッチンなど)の内装(壁と天井)を、建築基準法で決められた防火材料にしなければいけません。

■ 防火材料


防火材料とは燃えにくい材料で、 不燃材料 ・ 準不燃材料 ・ 難燃材料 の3種類があります。
防火材料は、燃焼しない変形しない溶けない亀裂が入らないので、延焼の広がりを抑え、避難時間が確保できます。さらに、有害な煙やガスを発生させません

不燃材料 防火材料の中で最も防火性能の良い材料
加熱後20分間は燃焼しない

コンクリート、れんが、瓦、ガラス、モルタルなど
準不燃材料 不燃材料に準じて防火性能を持つ材料
加熱後10分間は燃焼しない

木毛セメント板、石膏ボードなど
難燃材料 本来燃えやすい材料のものを難燃剤などにより燃えにくくした材料
加熱後薬品効果のある5分間は燃焼しない

難燃合板、難燃繊維板、難燃プラスチック板など

■ 内装制限の緩和


次の場合は内装制限が緩和されます。

1 耐火建築物(07 防火地域・準防火地域参照)
2 火気を使用する部屋が最上階にある場合や、火気を使用する部屋の上に部屋がない場合  
   例 : キッチンが2階にある場合、平屋など
3 IHクッキングヒーターを使用する場合
4 キッチンとダイニングが一つになった部屋で、キッチンと
  ダイニングの間に不燃材料で覆われた50cm以上の垂れ壁
  がある場合、キッチン以外のスペースは内装制限が緩和
  されます。

  ※ただし、垂れ壁をつけない場合は部屋全体が制限を
    受けることになります




シックハウス症候群対策の内装制限


建築基準法では、シックハウス症候群を対策するために、内装仕上げに使ってよい材料の制限がされています。

シックハウス症候群とは、新築やリフォーム後の住宅に住む人に、目・鼻・喉の痛み、めまい、頭痛、吐き気などの症状が表れることです。はっきりとした原因はわかっていませんが、住宅の機密性が高くなったことや換気不足により、建材や家具、日用品などから発散される有害な化学物質(ホルムアルデヒドなど)、ダニ・カビが室内の空気を汚染することが原因と考えられています。


■ 材料の制限

1 クロルピリホスの使用制限

クロルピリホスとは、有機リン系の防蟻材で、木造住宅の土台などに使用する建築材料に塗布、散布、浸漬の方法により添加され使用されますが、居室を有する建築物では、クロルピリホスを添加した建材の使用を禁止しています

ただし、建築物に用いられた状態で、5年以上経過しているものは使用できます。


2 ホルムアルデヒドの使用制限

ホルムアルデヒドとは、刺激臭のある気体で、合板等の木質建築材などに使用されますが、ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建築材料は、4つの区分に分けられ、使用が制限されます

 対象となる建築材料 : 木質建材(合板、木質フローリング、パーティクルボード、MDFなど)
                 壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材、接着剤、塗料、仕上塗材など


※ 建築物の部分に使用して5年経過したものは制限なしです
※ 第二種・第三種ホルムアルデヒド発散建材の使用面積は、換気方法によって変わります。
建築材料の区分 JIS、JASなどの
表示記号
ホルムアルデヒドの発散 使用制限
建築基準法の規制対象外 F☆☆☆☆ 0.005mg/(u・h)以下 使用制限なし
第三種ホルムアルデヒド発散建材 F☆☆☆ 0.005〜0.020mg/(u・h) 使用面積が
制限される
第二種ホルムアルデヒド発散建材 F☆☆ 0.020〜0.120mg/(u・h)
第一種ホルムアルデヒド発散建材 表示なし 0.120mg/(u・h)超 使用禁止


■ その他の規制


換気設備の設置

内装制限のほかに、機械換気設備を設置することが義務付けられています。

ホルムアルデヒドの発散しない材料を使用していても、家具・防虫剤・タバコの煙などから発散される場合もあります。その為、住宅では、0.5回/h程度の換気を行い、部屋の室温を均一にし、まんぺんなく換気されるよう24時間換気システムを取り付けます。


天井裏などの制限

天井裏、小屋裏、収納スペース、床下などから居室にホルムアルデヒドの流入を防ぐために次の制限がされます。
  1. 第一種,第二種ホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない
  2. 気密層や通気止めを設けて居室と区画する
  3. 換気設備を用いて天井裏も換気できるようにする


■ 自分でできるシックハウス対策

  • 新築やリフォーム後すぐの建物は化学物質が発散されやすいので換気や通風をしましょう
  • 新しい家具やカーテンなどにも化学物質を発散するものがあるので気をつけましょう
  • 窓を開けて換気する場合は、複数の窓を開けて空気の入れ替えをしましょう
  • 24時間換気システムのスイッチは切らないようにしましょう
  • 換気設備のフィルターは定期的に掃除しましょう
  • 高温高湿になりやすい夏は窓を閉め切らないようにしましょう
  • タバコの煙からホルムアルデヒドが発散されるのでなるべく室内では吸わないようにしましょう

シックハウス症候群の主な原因のすべてが建築材料にあるわけではなく、私たちが日常使用している家具・カーテン・じゅうたん・防虫剤・殺虫剤・芳香剤・化粧品・洗剤・タバコなど、化学物質を発散し、空気を汚染しているものは身の回りにたくさんあります。 まずは窓を開け、自然換気を心がけましょう!

stage Y's (ステージワイズ) 一級建築士事務所     
岡山県岡山市北区舟橋町2-24 〒700-0841
tel: 086-803-5125 fax: 086-803-5126


トップページ  プロフィール  コンセプト  施工事例  お問い合わせ  新着情報  リンク  愛犬家住宅