愛犬と暮らす “お気に入り” の わが家
stage ' s

home   profile   concept   works   contact   what's new   link
 
top
  こはち ジョエル
& パルフェ
チョコ く ま チャオ
& ナッツン
ル ゥ ア リ ソラ&トイ アリがいた
季節
 
 
   設 計 事 例   stage 66 I 邸 2014    “ こはち ”  ボクの言いぶん <リフォーム>


 犬 種 : 柴 系 雑 種



 - DATA - 

  床 : 既存畳 撤去
     防湿フィルム・ 断熱材(ネオマフォーム t=45)充填
     構造用合板 t=28 ノ上 パイン材板張り t=15

  壁 :防湿シート・断熱材 (ネオマフォーム t=30)充填
     PB t=12.5下地 (ジョイント パテ処理)
     紙下地 (KOBAU) ノ上
     塗装仕上 (フェザーフィール)






  










 
           
  − b e f o r −
  
 *初めて “ こはち ” に会ったのは、2014年の秋、ススキの穂が綿帽子のようになっている頃でした。
   “ こはち ” は 人間が大好きで、甘えん坊さんでした。 
   男の子のくせに 寂しがり屋で ひとりぼっちになると、 寂しくて寂しくて ちょっと いたずらが 
   すぎたり・・・  ただ、いたずらというよりは 本能のもどかしさ・・・
   広い部屋で ちょっと 落ち着かなかったのも あったのかもしれません。  
*この建物は もともと住居としてあった

 ものではありませんでした。

 なので、地面から1階床までの高さが

 なく、床・壁とも断熱材が入っていなくて、

 冬がとても寒い環境でした。

 壁の下部は 基礎が露出していて
 
 湿気もかなりありました。
− a f t e r −

 *家族の一員である以上 どこにいても 家族の様子を見ていたい。
   だからと言って 家族のみんなが 外出した後に ひとりそこに残されると とっても不安になってしまう。
   広い部屋ではなく、 まず こはちのために部屋を用意しました。
   部屋と言っても 階段の下を利用した 天井の低い こじんまりとした落ち着ける部屋。
   こはちの部屋を用意することによって、 取り残されるという不安な気持ちから 自分の居場所で待つ、
   という気持ちの変化があると思いました。
*まずは 家のこと。

 床下に防湿フィルムを敷き込み、
 
 熱伝導率の低いネオマフォーム45_厚
 
 を充填しました。

 壁にも同じ方法で エネルギー消失の

 減少を 最優先に考えました。
 
愛犬の居場所
自分の居場所としては、

わんこは 広いところより

壁に囲まれた天井の低い場所

を好みます。

何かあっても 

“ ここにいれば 大丈夫 ” 

と思える、わんこにとっての

居場所が 必要なのです。
 
リビングに こはち部屋の出入口

があります。

掃除をする時や、散歩に出かけ

る時には、玄関側の扉も開くよう

になっています。

人間のお友達も こはちの部屋に

入れるくらいの 広さがあります。
 
自分だけの部屋だと認識して

くれたみたいです。

ここでは自分のやりたいように

やっていいのだと理解している

ようです。
自分の部屋ができた “ こはち ”

は、家族が出かけた後も、

おりこうさんに待てるように

なったかな・・・

stage Y's(ステージワイズ) 一級建築士事務所     
岡山県岡山市北区舟橋町2-24 〒700-0841
tel: 086-803-5125 fax: 086-803-5126
 
 
 
トップページ  プロフィール  コンセプト  施工事例  お問い合わせ  新着情報  リンク  愛犬家住宅